医療レーザーの全身脱毛なら脱毛専門の安くて痛くない【エミナルクリニック (旧HMRクリニック) 】

脱毛の種類と効果を解説!光脱毛・医療レーザー脱毛・ニードル脱毛の違いは?

脱毛の種類と効果を解説!光脱毛・医療レーザー脱毛・ニードル脱毛の違いは?

一度施術をやり切ってしまえば、長期的にムダ毛の自己処理が必要なくなる脱毛。常にツルツルの肌を手に入れるため、医療脱毛を受けることを検討している方もきっと多いのではないでしょうか。
しかし、脱毛にもいくつかの種類があり、それぞれ効果や特徴にも違いがあります。
そこでこの記事では脱毛の種類別に、効果とメリット・デメリットを解説していきます。これから脱毛を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
なお、この記事ではワックスやシェービングなど、一時的にムダ毛を処理するだけの方法については触れません。

脱毛方法は「光脱毛」「医療レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の3種類

脱毛にはいくつかの施術方法があります。特にエステサロンを中心に行われている「光脱毛」、医療用の脱毛レーザーを用いてムダ毛を処理する「医療レーザー脱毛」はよく耳にするのではないでしょうか。
さらに、最近では減少傾向にあるものの、細い針を毛穴に差し込み電気や高周波を流し込むことによってムダ毛を処理する「ニードル脱毛」という施術方法も存在します。
この3種類について、以下で詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてください。

光脱毛

フラッシュ脱毛とも呼ばれる光脱毛は、短時間・低価格で施術可能なため、施術経験者の多い脱毛方法のひとつです。医療機関でなくても施術ができるため、エステサロンを中心に広く行われています。
施術の際は、光から目を保護するためのサングラスを装着し、脱毛する範囲にダメージ軽減や光吸収の効果がある冷却ジェルを塗り、その上から脱毛ライトを当てて脱毛処理をしていきます。

光脱毛には主に3つの種類がある

光脱毛は使用するマシンの違いによって、さらに「IPL脱毛」「SSC脱毛」「SHR脱毛」という種類に分かれます。それぞれの種類について、詳しい特徴を以下で解説します。

IPL脱毛

IPL脱毛は「インテンス・パルス・ライト」と呼ばれるメラニン色素に反応する特殊な光を照射し、毛母細胞や毛乳頭を破壊する方法です。
後に紹介する医療レーザー脱毛と基本的な仕組みは同様ですが、施術に伴う痛みが少ないため、敏感肌の方に人気な脱毛方法です。
IPL脱毛の注意点としては、メラニンに反応して脱毛する方法のため、日焼けや色黒肌、ほくろの部分には脱毛効果が出ないだけでなく、火傷をする危険性があるので光を当てることができません。また、産毛や細い毛には効果が出にくいということも頭に入れておくと良いでしょう。

SSC脱毛

SSC脱毛は「ビーンズジェル」と、「クリプトンライト」という光の照射を併用することで脱毛する方法です。SSC脱毛で使用するビーンズジェルは抑毛効果が期待でき、黒ずみ解消や毛穴を引き締める効果を発揮することから、美肌効果も期待できるのが特徴です。
IPL脱毛が光の照射のみによって脱毛する施術であることに対して、SSC脱毛では抑毛効果のあるビーンズジェルを塗布することにより、新しいムダ毛の再生を抑えます。また、ビーンズジェルには黒ずみ解消や毛穴の引き締めといった美肌効果もあるため、施術後の肌が綺麗に仕上がるというメリットもあります。

SHR脱毛

SHR脱毛は蓄熱式脱毛とも呼ばれ、毛根だけでなくバルジ領域という毛を生み出す毛包部分に作用し、脱毛を行う方法です。
SHR脱毛で毛包部分にアプローチすることにより、成長中・退行中・休止中の全ての毛に反応し、肌色・毛質・毛周期を気にすることなく脱毛することができます。
新しい概念の脱毛方法で、最近はSHR方式の脱毛器を導入サロンが増えてきています。

光脱毛のメリット

光脱毛は広範囲にまとめて光を照射できるため、1回あたりの施術時間が短く済みます。1回あたりの施術料金もリーズナブルな傾向があるため、まとまったお金を用意できない方にも人気の脱毛方法です。
また、数ある脱毛方法の中では施術に伴う痛み比較的少ないというメリットもあるため、痛みが苦手な方や、肌が敏感な方にもおすすめですね。
さらに、表面に毛が出てきていない状態でも施術できるため、露出が増える時期にも気にならないというのもメリットといえるでしょう。

光脱毛のデメリット

光脱毛のデメリットは、マシンから出る光の出力が弱いため、効果が得られにくいことです。そのため、脱毛が完了するために必要な施術回数が多くなります。部位にもよりますが、ツルツルになるまでに10~15回以上の施術を行い、トータルで2年程度の期間が必要であるとされています。
さらに、色に反応して毛を処理する仕組みであるため、日焼けした肌や毛を剃った直後の肌への施術はできません。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、光脱毛よりも強い出力のレーザーによって脱毛を行う方法で、ムダ毛の黒いメラニン色素に作用し、熱で毛根を破壊する方法です。基本的にはIPL脱毛と似た仕組みですが、医療レーザー脱毛ならではのメリットがあるため、詳しく見ていきましょう。

医療レーザー脱毛のメリット

医療レーザー脱毛のメリットは、医療機関でなければ使うことができない高出力レーザーで施術を行うため、光脱毛より効果の高い永久脱毛ができる点です。そのため施術回数は光脱毛の半分程度の5回~で済み、1年程度で脱毛が完了するとされています。
さらに、施術を医療機関で行うため、肌トラブルが起こったときも安心です。
広範囲にレーザーを照射することで、1回あたりの施術時間が短く済むのは光脱毛と共通のメリットですね。

医療レーザー脱毛のデメリット

医療レーザー脱毛のデメリットとして、レーザーの出力が大きいため、光脱毛よりも痛みが強いという点が挙げられます。特にVIOなどデリケートな部分は痛みを感じやすく、施術の途中でリタイアしてしまう方もいます。
また、1回あたりの料金が高いというデメリットも。施術回数自体は少なく済むため、光脱毛とどちらが高額になるかは一概には言えませんが、短期的な料金の負担は大きくなる傾向があります。
また、医療レーザー脱毛は黒色に反応して毛を処理するため、黒染めした場合であっても毛根が白い白髪の場合は脱毛の効果を得ることができません。(レーザーの種類にもよります。)

ニードル脱毛

最後に解説するニードル脱毛は、「電気脱毛」とも呼ばれており、毛穴一つ一つに針を刺し、刺した針に電気または高周波を流すことで毛根を破壊する脱毛方法です。
毛根を破壊するという原理は他の脱毛方法と共通していますが、ニードル脱毛ならではのメリットにどのようなものがあるのか見ていきましょう。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛をする上でのメリットとしては、一本一本の毛根を確実に破壊し、脱毛効果や持続性が最も高いという点が挙げられます。基本的にニードル脱毛で一度施術した毛根からは、二度と毛は生えてきません。
また、ニードル脱毛は医療レーザー脱毛と違って、レーザーを照射できないデリケートな部位や、メラニンが反応しない白髪や色素の薄い毛、細い毛にも対応することができる点が高い脱毛効果が見込める理由となります。

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛のデメリットとして真っ先に挙げられるのが、3つの脱毛方法の中で最も痛みが強いということです。直接毛穴に針を刺して電気を流す刺激は非常に強く、痛みに耐えられずに施術を断念する方も少なくありません。
また、毛穴1つ1つに針を指す地道な作業が必要なため、1回あたりの施術時間が長いというデメリットも。当然人件費もかかるため、施術完了までにかかる総費用も、最も高額になります。
さらに、施術を受ける場合には5ミリ~1センチ程度毛が伸びている必要があるため、毛の状態を気にしながら脱毛していく必要があります。

まとめ

主な脱毛方法としては「光脱毛」「医療レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の3種類があり、脱毛方法の特徴やその効果、脱毛する上でのメリット・デメリットもさまざまです。効果や金額、施術時の痛みなどを考え、自分の肌の調子に合った最適の脱毛方法を選ぶことが大切です。脱毛で後悔しないために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

お客様が抱えるお悩みやご質問等、
お気軽にご相談ください

無料カウンセリング予約はこちら