腰の医療脱毛の効果や回数、痛みについて

最終更新日/ 公開日/

脱毛を検討する際、腕や脚など人目につきやすい部位の毛をなくしたいと思う人が多いのではないでしょうか。 人目につきにくい部位も意外と毛量が多く、「腰」も例外ではありません。

ここでは、なかなか自分ではムダ毛の状態をチェックするのが難しい腰の医療脱毛について施術回数や効果、施術時の痛みなどを詳しく解説します。

腰の医療脱毛とは?

腰の医療脱毛は、背中とお尻の間を脱毛することを指します。 お腹のくびれの部分から下、下着で隠れる部分までを範囲とするのが一般的です。 ほとんどのクリニックで「腰」というパーツが設定されており、全身脱毛やパーツを選んで脱毛する際に腰を選択できることが多いです。

あまり需要がないように思える腰の医療脱毛ですが、自分ではなかなか処理しづらい部位ということもあり、 背中やお尻の医療脱毛をするついでに腰のムダ毛も処理したいと考える人が増えています。

腰の医療脱毛の効果・回数

腰の医療脱毛で効果を実感するまでに必要な施術回数は人によって大きく異なります。

どれくらい腰のムダ毛をなくしたいと考えているのかによって施術回数は一人ひとり違うからです。 さらに、医療脱毛で使われる脱毛器によっても必要な回数が異なる場合もあります。 腰の医療脱毛を受ける人は、まずどの程度ムダ毛をなくしたいと思っているのかを明確にする必要があるでしょう。

たとえば、腰周りのムダ毛を一切なくしたいと思っている人は、産毛レベルの細い毛もしっかりなくせるように10回以上の施術を受けるのが一般的です。 反対に、そこまでの効果は求めていないけれどムダ毛の自己処理を少しでも楽にしたいと考えている人は、5~8回程度の施術を受けると良いでしょう。

人によって、1回の施術で得られる効果は異なります。 毛質、肌質などさまざまな要素によって効果の現れ方は異なるのでカウンセリング時に相談し、自身の理想に応じてプランをを選ぶのがおすすめです。

腰の医療脱毛で産毛はなくなる?

【1】腕や脚のムダ毛と違って、自分ではなかなかチェックしづらいのが腰のムダ毛です。
あまりムダ毛があるイメージはない部分ですが、実はよく見てみると顔の表面のように細かな産毛がびっしりと生えています。

【2】腰の医療脱毛を受けることで、腰回りにびっしりと生えている産毛レベルの細い毛をなくすことができます。
医療脱毛で使われる脱毛器の種類によっては、産毛のような細い毛にもしっかり対応できるものもあります。カウンセリングの時に脱毛器の種類も確認しておくと良いでしょう。

腰の医療脱毛の痛み

腰回りのムダ毛について、医療脱毛を受けるときの痛みは個人差が大きいと言えます。

まったく痛みを感じないという人もいれば、骨へ響くような鈍い痛みを感じるという人もいます。 ただし、腰に生えているムダ毛はVIO(デリケートゾーン)のように太くて濃いわけではないため、比較的施術時の痛みを感じにくい部位と言えるでしょう。 そのため、腰の医療脱毛を受ける場合あまり心配しすぎないようにしましょう。 痛みが怖いからといってあまり緊張していると刺激に過敏になってしまい、必要以上に痛みを強く感じる可能性があります。

どうしても痛みに弱く、強い不安を感じるという場合は、カウンセリング時などにあらかじめその旨を伝えておくと良いでしょう。

腰の医療脱毛はくすぐったく感じる?

腰は普段あまり触れられることがない部位のため、施術時にくすぐったく感じるという人もいます。

特に、脱毛器を肌に当てる時や、ローションを塗る際にくすぐったさを感じるという人が多く、また、腰の医療脱毛はうつぶせで施術を受けるため、 くすぐったく感じやすい人はより不安に感じるかもしれません。

腰や横腹など、あまり触れられることがない部位への施術を行う際は、事前にスタッフの方へ一言かけてほしい旨を伝えておくと安心でしょう。

自己処理や美容脱毛より医療脱毛がおすすめ

腰のムダ毛処理は、自己処理や脱毛サロンでの美容脱毛を受けるよりも「医療脱毛」がおすすめです。

腰のムダ毛が気になっても、自分で処理をするのは難しい部位と言えます。 そのため、多くの人がそのまま放っておくか脱毛を受けています。 腰回りのムダ毛はワキのように太く濃い毛が生えているわけではないため、特に処理をしなくても良いと考えている人も少なくありません。 しかし、背中など周辺を脱毛していると腰回りの産毛が目立ってしまうことがあります。

自己処理は難しいため、美容脱毛を検討する人もいるでしょう。 しかし、美容脱毛で使われている脱毛器は医療脱毛で用いられる脱毛器よりもパワーが低く、脱毛効果が得られるまでに時間がかかります。

一方、医療脱毛は脱毛効果が美容脱毛より比較的高く、腰周りの細い毛の脱毛も高い脱毛効果が期待できるためおすすめです。 万が一肌トラブルが起こったとしても、医療脱毛の場合はすぐに医療従事者に対応してもらえるという安心感もメリットと言えるでしょう。

腰の医療脱毛の準備やアフターケアは?

医療脱毛を受ける際、通常は自己処理をしてから脱毛に臨むことになっています。ムダ毛の長さを整えて、均一に脱毛器のレーザーを当てるためです。

しかし、腰周りのムダ毛を自分で処理するのはとても難しく、どうしても処理できないところが出てくるでしょう。 そのため、可能であれば家族やパートナーにムダ毛処理を手伝ってもらうことをおすすめします。

もし、自分でムダ毛処理をする場合は、カミソリを使うのではなく電気シェーバーがおすすめです。電気シェーバーは肌を滑らせるだけで表面のムダ毛をきれいに整えることができる便利なアイテムです。 肌を切ってしまう心配もなく、広範囲を簡単に処理できるため電気シェーバーを使うと良いでしょう。

また、腰周りの脱毛が終わった後はしっかりとケアをすることも忘れずに。 医療脱毛を受けた後の肌は熱を帯びており、肌の水分が不足している状態です。保湿ケアを徹底することで、脱毛の仕上がりにも差があらわれます。

腰の医療脱毛の料金相場

腰の医療脱毛は、施術回数や各クリニックが用意しているプランによって料金が大きく変わります。 たとえば、医療脱毛は5回・8回・10回というプランが一般的ですが、腰が単独のパーツとしてメニューにあるところ、お尻(ヒップ)部分に含まれているところなどさまざまです。

料金相場は、5回~8回のプランで5万~8万円前後となっています。 1回のみの単発プランを利用するよりも、複数回繰り返し施術を受けられるプランのほうが、1回あたりの施術料金は割安になるのでおすすめです。

医療脱毛は1回施術を受けただけでは、思うような脱毛効果は得られません。 特に腰周りのムダ毛は細い毛が多いため、太い毛がポロポロと抜けていくワキやVIO脱毛のように、「しっかり毛が抜けている」という実感を得にくい部位です。

腰のムダ毛が気になる人は、背中やお尻など腰以外のパーツとともに、繰り返し施術を受けられるプランを選ぶのがおすすめです。

まとめ

腰の医療脱毛は、毛が濃い部位に比べるとあまり「脱毛をする」というイメージがないかもしれません。 しかし、よく見てみると顔と同じく細かい産毛が生えており、医療脱毛をすることでつるつる肌や、肌のトーンアップを目指せます。

お尻や背中と合わせて施術を受ければ、腰単独で施術を受けるよりも料金がお得になるほか、 腰の脱毛が完了した後、他の部位の脱毛を受けたくなった際にまた費用と時間が掛かってしまうということも避けられます。

※このコラムは一般的な脱毛についての内容を掲載しています。当院の内容と若干違いがある可能性がございますのでご了承ください。

Pickup Column

Scroll Icon

    部位別!脱毛メリットや注意点を知りたい方は

    Clinic

    東京エリア