医療脱毛・全身脱毛・医療レーザー脱毛ならエミナルクリニック (旧:HMRクリニック)

妊娠中の脱毛はNG?赤ちゃんへの影響や休会制度について詳しく解説

妊娠中の脱毛はNG?赤ちゃんへの影響や休会制度について詳しく解説

脱毛に通っている途中で妊娠がわかり、施術を続けていいものか不安に感じている方、赤ちゃんが生まれる前に脱毛しておきたい、あるいは妊娠したら体毛が濃くなってしまったなどと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
妊娠中はホルモンバランスの乱れによってさまざまな身体の変化が現れるため、赤ちゃんへの影響も含めて不安が多い時期ですよね。そこで今回は、妊娠中に脱毛しても大丈夫なのか、赤ちゃんにはどのような影響があるのかについてお伝えします。

妊娠中は光脱毛・レーザー脱毛ともにNG

脱毛そのものは、母体や赤ちゃんに対して悪影響を及ぼすことはありませんが、いくつかの理由から、妊娠中は光脱毛・レーザー脱毛ともにNGなので、多くの場合は脱毛サロン・クリニックいずれにおいても断られます。では、その理由を一つずつ詳しく見ていきましょう。

ホルモンバランスの変化

妊娠は、ホルモンバランスの変化によって、体毛が増えたり毛周期が乱れたりすることが多くあります。毛周期が乱れている時期に脱毛しても、また同じ箇所にムダ毛が生えてくることがあり、施術が非効率になってしまうことが妊娠中に施術を行わない一つの理由です。
なお、妊娠すると全体的に体毛が濃くなったり、妊娠前はなかった部位にムダ毛が生えてきたりすることもありますが、これもホルモンバランスの乱れによるものなので、出産後には徐々に元に戻ります。気になるかもしれませんが、一時的なものですのであまり気にしないようにしましょう。

肌トラブルが起きやすい

妊娠中は肌トラブルが起きやすく、日頃から使い慣れた化粧品さえも肌に合わないと感じることもあります。そのような状態で脱毛をすると、乾燥や色素沈着、炎症、湿疹などの原因になり、この点も妊娠中に施術を行わない理由です。また、肌が乾燥していると施術中の痛みが強くなりますので、リスクを避けるためでもあります。

施術中の体勢が負担になる

お腹が大きくなると、それまでは平気だった体勢がつらく感じるようになります。我慢していると、気分が悪くなったりむくんだりなどの症状が現れることがあり、妊婦さんには大きな負担になります。また、うつ伏せで施術するような場合に呼吸がしにくくなるという点も、妊娠中の脱毛がNGである理由の一つです。

妊娠に気づかず脱毛してしまった場合、赤ちゃんへの影響は?

もしも妊娠に気づかずに脱毛してしまった場合、赤ちゃんへの影響が心配になるでしょう。基本的には、施術そのものがお腹の赤ちゃんに影響を及ぼすことはありませんので安心してください。なぜなら、光脱毛やレーザー脱毛が反応するのは、あくまでも肌の表面にある黒い色素であり、直接体内に届いて赤ちゃんに影響するような仕組みになっていないからです。
しかしながら、妊娠していることを知ったうえで脱毛を続けるのはNGです。先にお伝えしたように、妊娠中に脱毛しても効率はよくありませんし、肌トラブルや体調不良を引き起こしかねません。妊娠に気づいた時点でストップするべきだと認識しておいたほうが正解でしょう。

脱毛期間中に妊娠が発覚したら「休会制度」を利用しよう

脱毛は1回の施術で完了するものではなく、一定期間継続して行う必要がありますが、その期間中に妊娠が発覚したらどうしたらいいか疑問に思う方も多いでしょう。その場合、次回の予約をキャンセルして、まずは通っているサロンやクリニックに妊娠したことを伝えるようにしてください。
多くの脱毛サロンやクリニックでは休会制度をもうけているため、施術を一定期間お休みすることができるでしょう。ただし、休会制度の内容はそれぞれのサロンで異なるため、まずは相談してみましょう。
もし、休会制度がないために解約するという場合でも、未施術分の費用返金やその他のサポートが受けられることがありますので、ぜひ問い合わせてみてください。

脱毛を中断しても、元に戻ることはない

休会制度を利用して一定期間脱毛が中断できたとしても、脱毛しない期間ができてしまうとそれまでの施術で得られた効果がなくなってしまうのかという不安もあるでしょう。
脱毛で大切なのは毛周期であり、脱毛を行うタイミングです。次の施術まで期間があいてしまっても、元の状態に戻ってしまうようなことはありません。もちろん再開後の脱毛に影響が出ることもありませんので、必要な期間はしっかり中断するようにしてください。

出産後、脱毛が再開できるタイミングは?

次に心配なのが、脱毛を再開できるタイミングではないでしょうか。出産後に再開できるタイミングは、脱毛サロンやクリニックごとに異なりますが、一般的には次のようにいわれています。また、再開はできるものの部位が特定されていることもありますので、確認してみるとよいでしょう。

  • 授乳が完了し、生理が再開してから
  • 生理が再開し、2、3回後から
  • 授乳の有無に関わらず産後3ヶ月以降

妊娠中は自己処理にも注意が必要

妊娠中は自己処理にも注意が必要

妊娠中の光脱毛やレーザー脱毛はNGとお伝えしましたが、自己処理について疑問を持つ方も多いでしょう。結論からお伝えすると、妊娠中の自己処理は極力控えたほうがよいです。これは、脱毛サロンやクリニックで脱毛を断られるのと同じ理由で、妊娠中の肌が敏感になっているためです。
ただし、どうしてもムダ毛が気になってしまう場合には、毛抜きやカミソリ、ワックスではなく、電気シェイバーを使うようにしてください。なぜなら、毛抜きは毛穴への負担が大きく、黒ずみの原因になりますし、カミソリは肌に負担をかけてしまい荒れやすくなるからです。そして、ワックスは毛穴と肌にかける負担が大きく、肌荒れのリスクが高まります。その点を考慮すると、一番肌への負担が少ないのが電気シェイバーなのです。
ただし、自己処理後の保湿はどのような場合でも必須です。保湿ジェルやローションでしっかりと保湿して、肌トラブルを予防するようにしてください。

妊活中の脱毛サロン・クリニック選びは慎重に

妊娠がわかると脱毛を中断することになりますので、とくに現在進行形で妊活中という方は、脱毛サロンやクリニックを慎重に選ぶようにしましょう。効果や費用、期間、通いやすさなども大切ですが、妊活中であればなおさら、休会制度があるか、再開のタイミングはいつなのかなど、妊娠した際の対応について確認しておかなければなりません。
また、休会の手続きについても、電話一本でOKな場合もあれば、母子手帳を提出しなければ休会できないなどの条件をもうけている場合もあり、脱毛サロンやクリニックによってさまざまです。妊娠したときのためにしっかり下調べをしておきましょう。

まとめ

今回は、妊娠中の脱毛が可能なのかということを、お伝えしました。多くの場合、妊娠中の施術は断られますが、それにはホルモンバランスの影響で、毛周期の変化による脱毛の効率の低下や肌トラブルのリスクが上がること、体調への配慮などの理由があります。
光脱毛やレーザー脱毛は赤ちゃんや母体に対して影響を及ぼすものではありませんが、妊娠中は休会制度を利用するなどして中断するようにしましょう。休会制度などについては、脱毛サロンやクリニックを選ぶ段階で確認しておくことをおすすめします。とくに、妊活中の方は慎重に選ぶようにしてください。

安心・安全の医療脱毛 全身49ヶ所 159,000円 月々2,980円

お客様が抱えるお悩みやご質問等、
お気軽にご相談ください

無料カウンセリング予約はこちら