医療脱毛・全身脱毛・医療レーザー脱毛ならエミナルクリニック (旧:HMRクリニック)

脱毛のよくある失敗事例!脱毛する前に知っておきたい注意点とは?

脱毛のよくある失敗事例!脱毛する前に知っておきたい注意点とは?

ムダ毛のないきれいな肌を手に入れるため、男女ともに多くの方が脱毛を行っています。
その方法としては、脱毛サロンやクリニックに通ってプロの力で脱毛を行うか、自宅でカミソリや脱毛クリームを使って処理を行うことが挙げられます。

どちらにもメリット・デメリットがありますが、双方について知っておきたいのが「失敗例」です。
脱毛をすればきれいになれる、ムダ毛の処理から解放されるという謳い文句は魅力的な一方、時には失敗したりトラブルに発展したりすることがあります。

きれいな肌になりたいと脱毛をするのに、失敗すると肌にダメージを負ってしまう可能性があることを知り、万が一の際のトラブルをどのように解決すれば良いのかを見てみましょう。

脱毛に失敗する理由とは?

脱毛はクリニックやサロンで施術を受けたり、自己処理をしたりして行いますが、そのどちらでも失敗してしまうことがあります。
もともと肌がデリケートだったり、繰り返し自己処理を繰り返したことで肌トラブルに発展してしまったり、サロン・クリニックで受けた施術が自分の肌には合わなかったり、脱毛に失敗する要因としてさまざまな理由が考えられます。

ムダ毛のないきれいな肌を手に入れたいけれど、失敗する可能性があるのは怖いと諦めることはありません。
脱毛に関するリスクを知る正しい知識を付けて、事前にトラブルを回避するように心がけることで失敗する可能性を減らすことができます。

脱毛は決して怖いものではなく、ムダ毛に悩む時間を減らし、自信を持って肌を出せるようになるためのステップです。
そのために、脱毛の失敗事例も知り、正しい知識を付けて脱毛に臨みましょう。

よくある脱毛の失敗例~クリニック・サロン編~

まずは、脱毛サロンやクリニックで施術を受ける際に起こる失敗例についてご紹介します。
脱毛サロンやクリニックは、プロによる施術を受けられるため肌トラブルなどの失敗が少ないイメージがあります。
ただ、使っている機種・脱毛を受ける人の肌の状態・施術をする人の技術など、さまざまな要素が合わさって行われるため、時には失敗(トラブル)が発生することも。

具体的にどのようなことが起こりうるのか、詳しく見てみましょう。

失敗例1:照射が強すぎて火傷

脱毛施術を行う人の技術力による原因となるのが、脱毛に使う機械のパワーが強すぎて、肌へダメージを与えてしまうということです。
サロンやクリニックによって使われている機械は異なっており、その機械もそれぞれ出力を調整できるようになっているため、カウンセリングを受けたときなどに肌の状態をチェックし、ひとりひとりに合わせた出力で施術します。

このとき、もし出力が強すぎる状態で脱毛施術を行えば、肌は当然熱のパワーを強く受け、肌がヒリヒリしたり熱さ・痛さを感じたり、ひどい場合にはやけどを負って水ぶくれができてしまうことも。

サロンやクリニックで利用されているレーザー脱毛器は、毛の黒い色に反応する性質を持っています。そのため、レーザーの出力が強いと毛の周りの肌にも悪影響が。 施術後にやけどを負ったのと同じ状態になり、その後の手当てやケアが必要になります。

失敗例2:脱毛後の肌荒れ

脱毛サロンやクリニックで受ける脱毛は、前述のとおりレーザー脱毛器が使われています。
そのため、時に強い熱によって肌が荒れてしまう可能性があります。やけどとまではいかなくても、熱によって肌が乾燥してカサカサになってしまうことも。
多くのサロンやクリニックでは、施術後のお手入れとしてジェルやローションを使って保湿をし、肌の状態を整えてくれます。

しかし、そのお手入れやクールダウンが十分でないほか、帰宅後の肌ケアを怠った場合、肌荒れが起こることがありますので注意が必要です。

失敗例3:脱毛後の日焼け

脱毛後の肌は、水分が失われてかさつきやすく、肌トラブルを防ぐためにしっかりと保湿をしなければなりません。
そしてもうひとつ、注意しなくてはならないのが日焼け(紫外線)です。

脱毛をすると肌は熱によるダメージを受けた状態になり、とてもデリケートに。
ここでさらなるダメージを受けないよう、肌をしっかり守って保湿する必要があります。しかし、脱毛直後の帰宅中や翌日などに外出して日焼けをしたら、肌にとって非常に大きな負担がかかります。

普段でも海やプールに行ったときは日焼けをすると肌がヒリヒリし、やけどと同じ状態になります。脱毛直後のデリケートな肌は日焼けをしないよう、夏でも薄手のカーディガンを羽織るなどの工夫をしなくてはなりません。

失敗例4:効果が薄い

脱毛サロンやクリニックで使われるレーザー脱毛器は、レーザー(熱)の力でムダ毛に働きかける仕組みになっています。
施術者は脱毛を受ける人の肌の状態やムダ毛の太さなどを見て、機械の出力を変更しますが、強すぎてやけどを負う可能性がある一方、機械が弱すぎて脱毛効果があまり得られなかったという失敗例もあります。

特に、医療行為としてレーザー照射を行うクリニックは、それだけ強い効果が得られる脱毛器を使っていますが、医療行為を行ってはならない脱毛サロンでは、クリニックに比べて威力が弱い機械を使い、光脱毛を行っています。
それでもしっかりと効果が得られることが多いのですが、ムダ毛の状態や肌のコンディションによっては威力が足りないということも。
脱毛の効果が得られにくいサロンがあることも事実であり、その場合はさらに追加で施術を受けたり、脱毛サロンではなくクリニックに行ったりするということも考えなくてはなりません。

サロン・クリニックでの脱毛リスクと対策方法

次に、脱毛サロンやクリニックで受ける脱毛について、そのリスクと具体的な対策方法を見てみましょう。
脱毛によって肌は少なからずダメージを受けることになりますので、しっかりとケアをしてダメージを最小限にとどめるようにしましょう。

リスク1:レーザー照射による痛み

脱毛クリニックで受ける脱毛は、熱の力を使ってムダ毛を処理するレーザー脱毛器が使われています。これは医療機器のため、非常に効果が高い(パワーがある)一方で肌へのダメージも大きくなる傾向にあります。
つまり、照射時の痛みが脱毛サロンでの施術に比べて強いということ。痛みに弱いという方や、効果よりも痛みの少なさを優先するという方はクリニックではなく脱毛サロンに通うことをおすすめします。

効果があるのであれば多少の痛みも仕方ないという方の場合、レーザー照射による痛みをできるだけ軽減させるためにも、スタッフにしっかりとクーリング(冷却)をしてもらうようにしましょう。
肌を冷やしておくことで熱により痛みを感じにくくなり、肌へのダメージも抑えられます。施術後はもちろんですが、施術前・施術中にも痛みが強い場合は我慢せずしっかりとクーリングをしてもらうように頼みましょう。

また、クリニックは医療行為を行うことができる場所であり、多くは美容クリニックのため整形手術を行う際の麻酔なども用意されています。
あまりにも痛みが強い場合には、スムーズに施術ができるよう麻酔を使っての脱毛が可能なところもあるため、あらかじめ相談しておくと良いでしょう。

たとえば、クリームタイプの塗る麻酔を使ったり、ガスタイプの笑気麻酔を使ったりすることができます。クリニックのレーザー脱毛は効果が高い一方、このように麻酔を使うことも珍しくないほど痛みを強く感じることも。
我慢せずにスタッフに伝えて快適な脱毛を受けましょう。

リスク2:術後の肌トラブル

脱毛サロン・クリニックでの脱毛施術を受けるにあたり、どうしても避けられないのが肌トラブルです。
もともと肌が強いという方でも、肌の奥にあるムダ毛に対して働きかけるため、熱のエネルギーによって肌が乾燥したり、何らかの肌トラブルが発生してしまったりという可能性があります。

ひどい場合にはやけどを負ってしまったり、ムダ毛が太くなる硬毛化という現象が起こったり、思いもよらないさまざまなトラブルに襲われることも。
これらの肌トラブルをできるだけ避けるためにも、施術後の肌をしっかりとケアしてあげましょう。

まず大事なのが、クールダウンです。
熱のエネルギーを受けた肌は、まさに日焼けをしている状態。しっかりと熱を取ってクールダウンさせてあげることが大切です。

その上で、次は保湿を行いましょう。
脱毛器の熱によって肌は乾燥しやすく、非常にデリケートな状態に。刺激の少ない保湿剤を使い、しっかりと水分補給をしてあげましょう。
ポイントとしては、脱毛直後だけでなく継続的にスキンケアを行うこと。肌のコンディションを整えておくことで、次回以降の脱毛効果を高められるほか、脱毛時のダメージを減らすことにつながります。

リスク3:打ち漏れ

脱毛サロンやクリニックで脱毛を受けた際、その場ですぐにムダ毛はきれいに抜けるわけではありません。
多くの場合施術から2~3週間後になってから少しずつ自然に抜け落ち、ムダ毛のないきれいな肌を実現することができます。脱毛は機械を少しずつずらして脱毛場所に照射しますが、まれに照射し忘れている部分があることも。

その場合、いつまでたっても毛が抜けないというだけでなく、ある程度ムダ毛がひとまとまりになったゾーンになっているため、照射し忘れている場所だと判断できます。
もしそのような場所があった場合には、カミソリなどで剃ると判断できなくなってしまうため、そのままの状態で施術を受けたサロン・クリニックに連絡を。ほとんどの場合、打ち漏れで再照射を行ってくれます。

失敗しない!脱毛サロン・クリニックの選び方ポイント

失敗しない!脱毛サロン・クリニックの選び方ポイント

脱毛サロンやクリニックをどのように選んだら良いのか、その選び方についてポイントを見てみましょう。
街中には多くの脱毛サロン・クリニックがあり、いったいどこを見て選べば良いのかわからないという声も少なくありません。だからこそ、しっかりと脱毛効果が得られ、満足度の高い脱毛ができるようサロンやクリニックを探しましょう。

ポイント1:安いだけのクリニックは避ける

まず、脱毛の料金が安いだけのクリニックは避けましょう。
脱毛サロンやクリニックで施術を受けることは、決して安い費用でできることではありません。
しかし、中には他のサロンやクリニックと比べものにならないほど安い料金設定をしているところもあります。ただし、よく見てみると長期の契約が条件であるほか、さまざまな制約がある場合も。
難しい条件を提示していて、適用されなければ非常に高額な費用になってしまうという場合も見受けられますので、費用は明朗会計であるところを選びましょう。

また、安いからと言ってきれいに脱毛ができるかどうかはわかりませんし、安心して施術を受けられるわけではありません。
口コミなどで情報収集をし、そのサロン・クリニックの脱毛の評判や技術力についてしっかりとリサーチすると良いでしょう。

ポイント2:実際の総額を確認する

脱毛サロンでよくありがちなのが、「月額制」や「通い放題」という謳い文句。
非常にお得に脱毛ができるというイメージを周知させますが、実際には脱毛が終わってみると非常に高額であるほか、他のサロンと比べて特にメリットもなかったということがあります。

脱毛を受ける際には、まず事前にカウンセリングを受けてコースの契約などを行います。そのときに必ず実際の総額について尋ねておき、料金を把握しておきましょう。
その後施術を安心して受けるためにも、きちんと料金について提示してくれるサロンを選ぶのがポイントです。

ポイント3:脱毛可能場所

脱毛サロンで多いのが、全身脱毛と謳っておきながら脱毛可能場所が制限されているパターンです。
「全身脱毛」という言葉につられて契約し、いざ施術を受けるときに自分が脱毛したい場所は対象外だったということも考えられます。
このようなトラブルを生まないためにも、カウンセリング時に脱毛可能場所について尋ねておきましょう。今後どのようなスケジュールで、どれくらいの脱毛ができるのかを聞いておけば予定や通う回数も把握しやすくなります。

よくある脱毛の失敗例~セルフ脱毛・自己処理編~

続いては、自分でムダ毛の処理を行う「セルフ脱毛(自己処理)」の失敗例について見てみましょう。
非常に多くの方が自己処理を行っていますが、セルフ脱毛はサロン・クリニックでの脱毛以上に多くのリスクが潜んでいることをご存知でしょうか。
まずは、セルフ脱毛をするとどのような失敗例があるのかご紹介します。

失敗例1:毛嚢炎などの肌トラブル

セルフ脱毛を行っていると起こりやすいのが、毛嚢炎(もうのうえん)という炎症です。
毛が生えている根本は、毛根を包んでいる毛包という部分があり、この部分に雑菌が入り込むことによって炎症を起こし、毛嚢炎が起こります(毛包炎と呼ばれることもあります)。

カミソリを使った自己処理によって肌表面を傷つけたり、毛抜きを使って無理にムダ毛を引き抜いたりすることで毛包部分に雑菌が入り込み、毛嚢炎を引き起こします。
赤くぽつぽつとした発疹ができ、ひどい場合には膿んでしまうことも。見た目はニキビにも似ており、清潔にすることが必要です。

失敗例2:剃り残し

脱毛サロンやクリニックは、人の手によって脱毛を行います。
そのため、自分では見えない部分もしっかりと施術を受けられるため、きれいに脱毛をすることができます。
しかし、自己処理の場合は脱毛場所によって剃り残し・抜き残しがあることも多く、自分では気づかないうちに薄着で出かけていたということも。
うっかり剃り残してしまうことがないよう、セルフ脱毛を行う際には入念にチェックしなくてはなりません。

失敗例3:埋没毛

カミソリや毛抜きを使ったムダ毛の自己処理は、次に生えてきた毛が皮膚の下に潜り込んでしまう「埋没毛」を引き起こす可能性があります。

カミソリの場合、処理を行った際に皮膚表面を傷つけ、その部分が再生しようとします。
そのとき、処理をした部分のムダ毛が成長し、再生した皮膚の下に。つまり、伸びてきたムダ毛が肌表面に出られない状態を埋没毛と言います。
毛抜きも同じく、強い力で毛穴を広げてムダ毛を抜くため、表面の皮膚や元に戻ろうとします。次に生えてきたムダ毛が皮膚の表面に出られず、埋まってしまうため埋没毛に。

埋没毛になると、非常に薄い皮膚膜の下にムダ毛がぽつぽつと見えてくるため、脱毛しようとしてもできません。毛抜きなどで無理に引き抜こうとすると皮膚を破る必要があるため悪化し、そこから雑菌が入って化膿する可能性もあります。

失敗しない!セルフ脱毛のポイント

では、セルフ脱毛で失敗しないためのポイントを見てみましょう。
言わずもがな脱毛サロンやクリニックに比べると仕上がりは劣ってしまいますが、適切なケアを行うことで肌トラブルを防いだり、少しでもきれいな仕上がりにしたりすることは可能です。
自己処理の方法は、毛抜きやカミソリを使うほか、脱毛クリーム(除毛クリーム)、自宅でできる光脱毛の機械を用いることもできます。
さまざまな方法がありますが、肌にとってよりダメージの少ない方法、そしてムダ毛をきれいに処理できる方法を用いましょう。

ポイント1:自己処理後は必ず保湿する

どのようなセルフ脱毛を行っても共通して言えるのが、保湿を入念に行うことです。
これはサロン・クリニックでの脱毛でも言えることですが、特に自宅でセルフ脱毛を行う場合は念入りに保湿を行いましょう。カミソリや毛抜きを使った処理は肌表面を傷つけることが多く、前述のとおり埋没毛や毛嚢炎を引き起こす可能性があります。
これらのトラブルを防ぐためにも、肌のコンディションを整えることが大切です。

肌をきれいに保つ基本は、保湿です。
敏感肌用の刺激が少ないタイプの保湿剤を使うと、カミソリで肌を痛めてしまってもしみづらいでしょう。セルフ脱毛は手軽にムダ毛の処理ができますが、サロンやクリニック以上にケアを行う必要があると覚えておきましょう。

ポイント2:毛抜きはNG!

セルフ脱毛の方法として挙げられるのがカミソリや毛抜きです。
このうち、特に避けておきたいのが毛抜きを使った処理。毛抜きは無理やりムダ毛を引き抜くため、毛穴を広げたり、そこに雑菌が入って炎症を起こしたり、新たな毛が生えてくるときに埋没毛を引き起こしやすいなど、さまざまなデメリットがあります。

カミソリはすぐにムダ毛が生えてきてしまいますが、じゅうぶんな量のシェービング剤を使って肌へのダメージを減らすよう工夫ができます。
毛抜きは直接ムダ毛を引き抜くことになるため、ダメージを避けられません。カミソリに比べてムダ毛が生えてくる周期を遅らせることはできますが、できるだけ毛抜きでの自己処理は避けましょう。

まとめ

自宅でのムダ毛処理、脱毛サロン・クリニックでの脱毛、どちらも失敗する可能性があり、大きなリスクがあります。
ただ、ムダ毛のないきれいな肌を手に入れるためにも、正しい知識・脱毛方法を身に着けて対策をすれば、肌へのダメージを最小限に食い止めることは可能です。

脱毛で起こりうる肌トラブルに対して必要以上に怖がらず、適切なケア・対策を行ってきれいな肌を手に入れましょう。

安心・安全の医療脱毛 全身49ヶ所 159,000円 月々2,980円

お客様が抱えるお悩みやご質問等、
お気軽にご相談ください

無料カウンセリング予約はこちら