医療脱毛・全身脱毛・医療レーザー脱毛ならエミナルクリニック (旧:HMRクリニック)

医療脱毛で産毛は抜けない?気になる脱毛効果や回数について徹底解説

医療脱毛で産毛は抜けない?気になる脱毛効果や回数について徹底解説

医顔やうなじをはじめ、体のさまざまなところに生えているのが、産毛です。
脇や腕・足のムダ毛に比べると目立たない産毛ですが、産毛が濃いと悩んでいる方は少なくありません。
医療脱毛(レーザー脱毛)によってムダ毛の処理を行うことができますが、産毛も一緒に処理することは可能なのでしょうか。

医療脱毛で産毛が抜けるのかどうか、気になるその効果や必要な回数について見てみましょう。

医療脱毛で産毛は抜けないって本当?

医療脱毛では、脇や腕・足のムダ毛を脱毛できても、産毛は脱毛できないと言われることがあります。
なぜ産毛が脱毛しづらいと言われているのか、果たして本当に医療脱毛では産毛が抜けないのかどうかを見てみましょう。

【結論】医療脱毛でも産毛を脱毛することは可能

医療脱毛でも、産毛を脱毛することはできます。
ただ、他の場所の濃いムダ毛脱毛に比べると施術は少し難しくなることが多く、回数を重ねてレーザーを照射し、少しずつ脱毛をしていくことになるでしょう。

毛が生えてくる「毛周期」に合わせて脱毛を行うことが一般的ですが、産毛は残ることが多いため、よりつるつるの肌を実現したい場合には産毛にも反応するタイプのレーザー脱毛器を用いて脱毛を行います。

医療脱毛(レーザー脱毛)で産毛が脱毛しにくい理由

そもそも、医療脱毛で産毛の脱毛が難しいと言われていた理由は産毛の色の濃さ、メラニンが理由です。

医療脱毛で使われているレーザーは、ムダ毛の黒い色(メラニン色素)に反応して脱毛を行います。レーザー脱毛器によって強いエネルギーを持った光が放たれると、毛が持っているメラニン色素に吸収され、毛や毛根が熱を持つことでダメージを受け、脱毛するという仕組み。
脇や足のムダ毛は女性でも濃いことが多く、レーザーの光が反応しやすいため脱毛されるのです。

産毛は黒より茶色に近い毛であるため、レーザーが反応しにくく脱毛が難しいと言われていました。レーザーの熱がじゅうぶんに産毛に伝わらず、なかなか脱毛ができなかったのです。
ただ、産毛脱毛が可能なレーザー脱毛器が登場していることからも、従来のムダ毛同様に気になる産毛も脱毛ができるようになっています。

医療脱毛でしっかり産毛を抜くためのクリニック選び方

では、レーザーによる医療脱毛でしっかりと産毛を処理したい場合、どのようなクリニックを選んで通うと良いのでしょうか。 後悔しないクリニック選びのポイントや、産毛にも効果があると言われているレーザー脱毛器についても併せて理解しておきましょう。

クリニック選びのポイント

脇などのムダ毛脱毛に比べると、効果があらわれにくいのが産毛脱毛です。
そのため、レーザーの強さを調整して肌への影響を出さず、産毛にはしっかりと効果的な照射が行われるよう、技術力の高い施術者がいるクリニック選びを行いましょう。

また、機械の出力が強く、やけどを負ってしまうなどのトラブルが発生する可能性があります。
リスクに備え、こうしたトラブル時のケアや保証を行ってくれると明記してあるクリニックを選ぶと安心して施術を受けられるでしょう。

そしてもうひとつ、産毛の脱毛にも効果があるレーザー脱毛器を使用しているクリニックを選びましょう。
どのようなレーザー脱毛器が効果的なのか、次から見ていきましょう。

産毛脱毛にも効果があるレーザーの種類

脱毛で用いられているレーザーには、4つの種類があります。

アレキサンドライトレーザー(755nm)

アレキサンドライトという鉱石を使い、肌の奥にある毛根に作用する波長のレーザーを発射するレーザー脱毛器です。脱毛のほか、肌のシミを消す治療などに利用されています。

ルビーレーザー(694nm)

ルビーという宝石を使ってレーザーを発射する脱毛器ですが、アレキサンドライトレーザーに比べると肌の表面にしかレーザーが届かず、あまり利用されていません。

ダイオードレーザー(800nm)

半導体(ダイオード)を用いたレーザーで、上記2つのレーザーに比べると強い光を照射することができ、医療脱毛の主流となっている脱毛器です。

Nd-YAGレーザー(1064nm)

使用が許可されているレーザーの中で、最も強い威力を持つのがこのレーザー脱毛器です。
女性の脱毛はもちろん男性のヒゲ脱毛にも利用されており、より脱毛効果を得たい場合に利用されます。

このうち、産毛脱毛に最も効果があると言われているのが「ダイオードレーザー」です。
主要な医療脱毛を行っているクリニックでは、多くの場合ダイオードレーザーが用いられており、場合によって他の機械を併用したり、脱毛箇所によって使い分けたりしています。
そのため、産毛の脱毛を希望する場合にはダイオードレーザーを使っているクリニックを選ぶと良いでしょう。

産毛脱毛にも効果がある脱毛器

産毛脱毛を受けるにあたり、より効果が得られる脱毛器を知っておきましょう。
先ほどご紹介しましたダイオードレーザーは大きく分けて2種類あり、従来のレーザー脱毛である「HR式」と、蓄熱式と呼ばれている「SHR式」があります。

前者のHR式は「熱破壊式」とも呼ばれるレーザーで、毛根にある細胞に対し直接熱を加えることで破壊し、ムダ毛が抜け落ちる仕組みです。
後者のSHR式となる「蓄熱式」レーザーは、毛根よりも表面にある「バルジ領域」と呼ばれる場所に働きかけ、ムダ毛を脱毛させる仕組みです。

これまでのように、ムダ毛の黒い色に対してレーザーを当てて働きかけるのではなく、毛が生えるように指令を出すバルジ領域をターゲットにすることで、肌の色が黒くて脱毛できなかった方も施術を受けられるように。

つまり、脇などのムダ毛に比べて色が薄い・細い産毛には、蓄熱式ダイオードレーザーを使った脱毛がより効果的だと言えるでしょう。

産毛を脱毛するメリット

産毛を脱毛するメリット

脇や腕、足など目立つ部分のムダ毛を脱毛すれば、産毛は気にしなくても良いのでは?という声もありそうですが、産毛を脱毛するとさまざまなメリットが生まれるのです。

メリット1:毛穴が引き締まり、肌トラブルの予防になる

産毛は目立ちにくいのですが、人によっては非常に濃い産毛が生えていたり、顔や手の甲など体のあらゆる部分をびっしりと覆いつくしていたりします。
そのため、顔用カミソリなどを使って自己処理をすると肌荒れしてしまったり、毛穴に汚れが詰まったりする可能性が。

産毛も医療脱毛を受けることで、自己処理と違って肌を傷つける心配もなく、きれいな肌を手に入れられます。産毛が抜け落ちることで毛穴が引き締まり、肌トラブルの予防にも。

メリット2:顔の化粧ノリが良くなる

肌表面の産毛がなくなることで、肌はつるつるに。
化粧水やクリームなどの成分がより肌に浸透しやすく、化粧ノリが良くなると実感できるはず。特に、ベースメイクをしたときの違いがわかるようになるでしょう。
また、時間が経ったあとのメイク崩れも起こりにくくなります。

メリット3:肌のトーンアップになる

顔の産毛がなくなると、卵の薄皮が取れたように肌のトーンが上がります。
1本1本は細くて目立たない産毛ですが、産毛脱毛でごっそりなくなれば、肌のくすみが消えたかのようにトーンアップします。

産毛脱毛にかかる回数や期間は?

産毛を脱毛するメリットがわかったところで、産毛脱毛を受けるにはどれくらいの回数・期間がかかるのかを見てみましょう。

脇や足のムダ毛を処理する期間は5~10回ほどが一般的ですが、実は産毛も同じくらいの回数の施術が必要です。
毛の濃さや太さは関係なく、毛が生えてくる「毛周期」に合わせて脱毛を受けることがポイント。
今肌表面に見えている毛のほか、これから成長して生えてくる毛のサイクルに合わせてレーザーを照射する必要があるため、複数回の施術が必要なのです。

濃いムダ毛も細い産毛も、どちらも同じように5回~10回程度のレーザー脱毛が必要なこと、そしてクリニックによって施術を受けられるペースが違うため、回数に差はなくても通う期間に差が出る場合があります。

たとえば、顔の産毛は約1~2か月の毛周期になっているため、脱毛を5回受ける場合は最短でも5か月ということになるでしょう。
ただ、クリニックによってはさらに間隔をあけて脱毛を行ったり、状態によって5回以上の施術を勧められたりすることもあります。

クリニック以外の脱毛サロンでは約2週間の間隔で施術を受けられるところもありますが、より効率良く産毛の脱毛を行いたい場合には、ある程度毛周期を意識したペースで脱毛に通うことをおすすめします。

産毛脱毛をすると硬毛化や増毛するって本当?

脱毛をしたら毛が太くなった、濃くなったという話をよく耳にします。
これは「硬毛化」や「増毛化」というもので、脱毛の施術を受けたことをきっかけに毛が太くなったり、増えてきたように見えたりする現象を指します。

増毛化は、脱毛をしているはずなのに以前よりムダ毛が多くなったような気がする、というもの。
そもそも髪の毛や産毛をはじめとした毛は、体の「毛穴」という器官から生えており、毛穴の数は生まれたときから大人になっても変わることがありません。
脱毛の施術を受けたことで、もともと細い毛・薄い毛が生えていたところから、次の新たな太いムダ毛が生えたために増毛したと感じるのです。

つまり、増毛化ということはなく、脱毛を重ねていくうちにきちんとムダ毛が減っていくので、安心して経過を見ていきましょう。

もうひとつの硬毛化は、脱毛をしているのにムダ毛が太く(濃く)なったというもの。
毛根に対して完全にレーザーを当てられていないため、再度ムダ毛が生えてしまうことが考えられます。ただ、どうして太く・濃くなるのかという原因はわかっていません。

これらのリスクは、クリニックでの脱毛をはじめ自己処理でも起こりうるといいます。
安全性を考えると、万が一の際にも対処してくれたり相談に乗ってくれたりするクリニックでの施術がおすすめです。

まとめ

肌のトーンを明るくできる産毛脱毛は、医療脱毛(レーザー脱毛)でもしっかりと脱毛することができます。
脇のムダ毛と違って、細い産毛はレーザー脱毛では抜けないというイメージがあるかもしれませんが、産毛脱毛に適した機械を使うことによって、効果を得ることが可能です。

脱毛によってムダ毛が濃くなる硬毛化のリスクや、通常の脱毛と同様にクリニックに通う期間・回数をきちんと理解したうえで、ぜひ産毛の脱毛にチャレンジしてみてください。

お客様が抱えるお悩みやご質問等、
お気軽にご相談ください

無料カウンセリング予約はこちら