VIO脱毛は恥ずかしい?施術の流れと対処法を紹介

最終更新日/ 公開日/

VIO脱毛は、施術の中でも抵抗を感じる人が多い部位です。 今回はVIO脱毛が恥ずかしいと感じる方に向けて、施術の流れや恥ずかしさを減らす方法を詳しく紹介します。「VIO脱毛時の体勢が気になる」「少しでもVIO脱毛を楽な気持ちで受けたい」という方はぜひ参考にしてください。

VIO脱毛が恥ずかしいと感じる理由

VIO脱毛を受ける際、施術を行うスタッフにデリケートゾーンを見られるため、恥ずかしく感じる方が多いのではないでしょうか。また、毛量が他の部位と比べて多い点や黒ずみが起こりやすいという点も恥ずかしい理由として挙げられることが多いです。初めて脱毛をする場合は特に抵抗感が強くなるでしょう。 「デリケートゾーンを見て何か思われていたらどうしよう。」このように不安になる人も多いかと思います。しかし、実際に施術を行うスタッフは肌トラブルが出ていないか、照射がきちんとできているかなど、適切な施術を行うことに集中しています。また、日頃から多くのVIO脱毛を行っており慣れているので、過度に恥ずかしがる必要はないでしょう。

VIO脱毛をおこなう時の体勢

ここからは実際にVIO脱毛をおこなう時の体勢について、Vライン・Oライン・Iラインそれぞれ3つの方法をお伝えします。事前に施術の流れを知って、VIO脱毛の恥ずかしさを少しでも軽減させましょう。

Vライン

Vラインとは、デリケートゾーンの中でも両足の付け根部分に位置するパーツのことです。正面から見た際にVの字に見えるため、「Vライン」と呼ばれています。 Vライン脱毛は仰向けの状態で肩幅ほど脚を開いた体勢で上から照射していきます。この時、ショーツは少し下にずらしますが、IOラインは隠れているので見えることはありません。照射範囲は施術するクリニックにより異なりますが、概ねビキニライン(下着や水着からはみ出す部分)までです。紙ショーツを着用するクリニックもあります。

Iライン

Iラインとは、陰部の両側の部分を指します。 施術方法は主に、ベッドに仰向けになり片膝を立てその足を横に寝かせた状態で行われる場合が多いでしょう。片足ずつショーツをずらしながら照射していくクリニックが多いです。

Oライン

Oラインとは、肛門周りを指します。お尻全体の脱毛とは別なので注意しましょう。 施術方法はクリニックにより異なりますが、ベッドにうつ伏せの状態で両脚を軽く開き、Iラインと同様に、片足ずつずらしながら施術を行っていきます。

VIO脱毛の施術の流れ

VIO脱毛施術の流れは、クリニックによって多少異なりますが概ね同じです。 受付を済ませ施術室に案内された後、まずは用意されたガウンや紙ショーツに着替えましょう。(クリニックによっては、紙ショーツが無い場合もあります)ベッドに横になり、専用のサングラスやタオルで目元を覆い、施術が始まります。タオルや紙ショーツをずらしながらVIOそれぞれ照射を行い、最後に肌トラブルを防ぐためしっかり冷やして終了です。 照射時間は30分ほどです。VIO脱毛の範囲は広くありませんが、他の部位よりも複雑な形状をしているため、施術面積の割には時間がかかる傾向にあります。スムーズに施術を行うため、あらかじめVラインの形を決めておくことや自己処理をしっかり行うなど準備が大切です。 また、VIOは他のパーツに比べ毛が濃く、脱毛器のレーザーや光が反応しやすいため痛みを感じやすい部位です。麻酔クリームを塗ってから照射する場合もあります。

VIO脱毛をするメリット

VIO脱毛をするメリット

VIO脱毛を行うと、悩みの種であるムダ毛から解放されるだけではなく、嬉しい効果が沢山あります。ここからはVIO(デリケートゾーン)脱毛を行うメリットを3つ紹介します。

自己処理の手間が減る

VIO脱毛を行うと、自己処理の手間が減る嬉しいメリットがあります。 特に夏場など露出の多い季節は毎日カミソリで処理しているという方も多いのではないでしょうか。毛を剃り続ける労力や生えてくるとチクチクするなど、VIOの自己処理は手間がかかりストレスが多いです。 さらにシェービングの刺激は、デリケートゾーンの黒ずみや肌トラブルを招く可能性もあります。早いうちからVIO脱毛を行い、このような悩みから解放されましょう。

ムレやにおいの解消につながる

夏場や生理中はかゆみやにおいが気になるという悩みを持つ方も多いでしょう。 ショーツ内は湿気がこもりやすいうえに、温かく暗いため雑菌が繁殖しやすい環境です。そこに、尿やおりもの・汗・経血などが加わり、においが発生するのです。 VIO脱毛を行うとデリケートゾーン全体の通気性が良くなり、気になる肌トラブルやにおい解消に繋がります。また、生理中にかぶれる心配も軽減します。

水着や下着からアンダーヘアがはみ出ない

水着や下着からアンダーヘアがはみ出て恥ずかしい思いをした経験はありませんか。友達との楽しいイベントはアンダーヘアを気にすることなく楽しみたいですよね。 VIOの中でも特にVラインは毛量が多く、はみ出しやすいパーツです。しっかり照射を繰り返すと毛量の変化を実感でき、清潔感を高め自信に繋がります。VIOのすべての毛をなくしたい方には、アンダーヘアを全て脱毛する「ハイジニーナ」がおすすめです。

VIO脱毛が恥ずかしいときの対処法

ここまでVIO脱毛について、照射範囲や施術の流れやメリットについてお伝えしました。どうしても恥ずかしくて施術に臨めない方に向けて、VIO脱毛が恥ずかしいときの対処法をご紹介します。ちょっとした工夫で少しでも楽にVIO施術を受けられるよう、ぜひ参考にしてください。

施術前に自己処理をしていく

VIOは自己処理が難しい部位ですが、脱毛前の自己処理で恥ずかしさを軽減することができます。 VIO脱毛に限らず、施術箇所に剃り残しがあると、有料(クリニックによっては無料)でスタッフがシェービングをしてくれますが、このときのデリケートゾーンのチェックやシェービングがかえって恥ずかしく感じることがあります。 そのため、脱毛前日までにしっかり自己処理することが大切です。なるべく剃り残しがないようにしましょう。 自己処理をする際は、電気シェーバーを使用し肌を傷めないように注意しながら行ってください。

事前に不安点を共有する

VIO脱毛が恥ずかしくて不安な場合はカウンセリングの際にスタッフに伝えましょう。 相手に伝えることで不安な気持ちが和らぐこともあります。相談してもスタッフから嫌がられることは全くないので安心して相談しましょう。 また、VIO脱毛はプロのスタッフが行います。恥ずかしさや痛みをできるだけ軽減できるよう、声かけや、タオルをずらしながら施術するなど工夫して脱毛していきます。VIO脱毛時の慣れない体勢など不安に思うかもしれませんが、経験豊富なスタッフに任せておけば心配ありません。 緊張すると痛みや不安をさらに感じやすくなります。脱毛時はできるだけリラックスした状態にしておきましょう。

完全個室完備のクリニックを選ぶ

VIO脱毛がどうしても恥ずかしい場合は、完全個室完備のクリニックを選びましょう。 場所によっては、カーテンで仕切りがあるだけというクリニックも存在します。VIO脱毛はデリケートな部分を見せる行為のため、できるだけプライバシーが守られた状態で施術を受けたいですよね。 またスタッフとの会話を聞かれたくない、聞きたくない場合もあるでしょう。何も気にせず、よりリラックスした状態でVIO脱毛を受けられる個室が完備されたクリニックがおすすめです。

▪︎エミナルクリニックは完全個室完備

エミナルクリニックでは、完全個室の施術室を完備しています。清潔感のある内装で、出入口もカーテンではなくドアになっておりプライバシーを守りながら施術を行います。脱毛を初めて受ける人や、VIO施術に恥ずかしさや不安を感じる方もリラックスした状態で臨むことができる環境が整っています。

まとめ

今回はVIO脱毛が恥ずかしいと感じる方へ、デリケートゾーンの施術方法や恥ずかしさを抑える対処法などを詳しく紹介しました。 VIO脱毛は嬉しいメリットが豊富です。施術に対して少し恥ずかしいと感じても、最後は続けて良かったと思える脱毛部位です。ムダ毛の悩みから解放され清潔感のあるお肌を目指していきましょう。 恥ずかしさや不安は相手に伝えることで、リラックスして脱毛を受けることができます。不安な場合はそのままにせず、信頼できるクリニックのスタッフに相談しましょう。

※このコラムは一般的な脱毛についての内容を掲載しています。当院の内容と若干違いがある可能性がございますのでご了承ください。

Pickup Column

Scroll Icon

    部位別!脱毛メリットや注意点を知りたい方は

    Clinic

    東京エリア